好きなことして高収入が稼げる夜バイト

朝の部のキャスト募集に応募してみた

三宮のキャバクラでバイトしようと思い、選んだのは朝と昼2部制のキャバクラです。そこの朝の部のキャストを募集している三宮キャバクラ求人を見つけたんで、それに応募しました。朝キャバだと始発前から営業しているお店もありますが、そこは6時開店です。すごい早いというわけじゃないんで、これならできそうと踏んで応募したんです。夜のキャバクラだとプロ意識あるキャストさんがいたりするもんですが、朝キャバの場合にはバイト感覚の人が多いような気がしました。接客もきっちりしたものでなく、ラフと言うか気さくと言うか自然な接客を求められるんで、それでバイト感覚になりやすいところもあるかもしれません。おかげでなんだか働きやすいようには感じてます。自分を作る必要はなく、それこそ素のままでお店出ても平気だからです。夜に比べるとお客さんは少ないですから、歩合で稼げる分は落ちるかもしれませんが、もとの時給がそれなりにいいんで満足してます。肩の力抜いてお店に出れるんで、その点はとても気に入っています。

女性画像

週に2日お店に出るだけでいいので楽になりました

専門学校に入学するまでは私、実家に住んでいて、バイトもしたことがありませんでした。でも実家を離れて一人暮らしを始めたので全部両親に頼る訳にもいかないので、バイトの求人を見て色々なお仕事をしました。居酒屋系のバイトを一番長くしてましたが、週に4日バイトしてると、学校とお仕事で時間のほとんどを取られるのでリラックスする時間がほぼありません。かといってバイトをしないわけにもいかないんで高額バイトを探しててキャバクラで働くことにしました。お店に体験で入った1週間はお仕事にも慣れてなくて結構大変でしたが、ちゃんと接客できるようになってからは収入も増えてきて、出勤日数も週に2日で大丈夫になりました。なので、学校にもお仕事にも行かない日にはジムに通って身体を鍛えています。お店のドレスが身体のラインのくっきりでるタイプなのでより綺麗に見えるように頑張ってます。色んな意味で充実した生活になったのはキャバクラのおかげです。

もっと満足してもらいたい

正直にいうと最初にキャバクラにアルバイトで入ろうと思ったのはお金目的です。求人を探していたら高収入だということをアピールしていたので思い切って挑戦したというのが素直なところなんですよね。いろんな人が働いているのでやっぱり自分自身でも合うかどうか分かりせんでした。たくさんの人がやる気を出しているので自分なりに成長できればと思うようになったんです。色々と試していて私なりに人気が出てきたと思うようになったんですよね。いろんなタイプの人間が働いていますので、本当にいい感じになれたんじゃないかと思います。お客さんはこのキャバクラに来てくれるのは私に会いたいからだと言ってくれるような人も増えてきました。やっぱりそれって嬉しいんですよね。一人ひとりでたくさんの思いをもらえるっていうのはアルバイトでは経験できないですからね。求人には書いていないような素敵なことですよね。確実に楽しめるような時間を提供してもっと満足してもらいたいです。

自分に合っているお店を見つけられた

お酒が全くダメだけど、なぜかキャバクラ嬢やってます。ちょっとお金が必要になったんで、そのためのアルバイトを探してて求人を見つけたからです。その求人にはお酒が飲めなくてもOK、なんてことが大きく書かれてましたから、思わずそれに惹かれちゃいました。今までお給料よさそうだったんで水商売のお仕事してみたいとは思ってたんですけど、お酒飲めないんであきらめてたからです。ホントに飲めない自分でも大丈夫なのかは、体験入店で確かめてみることにしました。お店の雰囲気は落ち着いた感じで、ワイワイ騒ぎながら飲むというよりも、ゆったりくつろいで味わう感じのお店です。そのおかげか無理に勧められることもないし、ましてやノリで無理矢理飲まされることにもなりません。変な飲み方をするお客さんもいないんで、お客さんの相手もしやすいです。求人に書いてあったことは、嘘ではなかったわけです。ちょうど自分に合っているお店を見つけられたわけで、都合よく必要なお金を稼がせてもらっています。